プラセンタの種類

このエントリーをはてなブックマークに追加 

プラセンタの種類

プラセンタの種類はどんなものがあるの?

人プラセンタ

人のプラセンタは通常医療用にのみ流通しているのでサプリなどでは見かけません。
また薬事法ではその使用は注射のみで使える事に決まっています。
人プラセンタの使用は厳しいウイルス検査などをして安全性の確認が取れた場合にのみ使用が許可されています。使用前には加熱処理などをすることでさらに安全性の確保を行っています。

 

豚プラセンタ

プラセンタサプリでも人気の豚プラセンタは比較的入手が容易です。豚の遺伝子は比較的人間の組織に似ているので親和性があります。
ただ、きちんと育成された豚でないと、いろいろな薬剤などをようよされて育成されている場合もあり、当然プラセンタの安全性も疑問が残ってしまいます。
通常プラセンタサプリに使用される豚プラセンタはそのあたりの安全性にも配慮した物が使用されているので安心して使える様になっています。

 

馬プラセンタ

馬プラセンタは高いアミノ酸の含有量で知られています。病原菌にも強い馬からはとても衛生的なプラセンタが取れます。ただ、通常馬プラセンタは値段が高めで、高級品と言った感じです。

 

羊プラセンタ

羊プラセンタは人間のものと組成が近いので浸透力も高いのが特徴です。病気に対しても強い羊のプラセンタは健康的に飼育された羊から採取されたものが使用されている事が多いです。

 

植物性プラセンタ

植物性プラセンタはトウモロコシや大豆などの物が多いですが、最近ではメロンプラセンタなんていうのもあります。
植物性プラセンタにも動物性のものと同様にアミノ酸が多く含まれていますが、一つ違いがあります。それはプラセンタの成分の一つである『成長因子』が無い事です。コレが無い事でアンチエイジングや細胞の活性化などの効果が薄く、美容効果も薄い物となっています。

 

プラセンタの安全性は コチラから>>

このエントリーをはてなブックマークに追加